パグさん

飛び出せ!(再び)

c0001660_2061657.jpg
昔載せた飛び出しそうなパグさん以上に前傾姿勢で発射しそうなパグさん。
携帯でとったのでやはり画像がひどい。

最近飼い主同様、パグさんもどうも調子がおかしくて、
何か引っかかっているのか、むせるように鼻をぶーぶー何十回も鳴らし続ける。
病院に連れて行ったのだが、
引っ越して環境が変わったせいで、
タバコの煙に一日中晒されるようになったせいでは?、ということで、
とりあえずそれを止めてみることになった。
それでも変わらないようだったら、薬を飲むようにとのこと。
なんともないといいのだが・・・。
まあ相変わらず、食欲だけは衰えないので、元気は元気でその点は安心だ。
[PR]
# by k-n123 | 2006-09-15 20:21 | パグさん

残暑お見舞い申し上げます(遅い)

更新が滞っていて、来てくださる奇特な方々にはまことに申し訳ない。

c0001660_1243411.jpg
涼しげな画像がないので、
家族がなぜか買ってきてくれた(どうやら器がお気に召したらしい)グラマシーニューヨークの豆乳プリンのようなものを。
上は黒蜜ゼリー(寒天だったかも。前なので忘れてしまった)でヘルシー系スイーツ。
とてもおいしかったけれど、特に感動はなし。
お前何様だ?という感じだが、
どうもこのお店は、ずらっと並ぶ(特にチーズケーキの販売の時)ほどじゃないような気がしてしまうのは、
おそらく私が面倒くさがりなだけだろう。
いや、このお店で嫌な目にあったことがあるので、評価が下がったのかもしれない。
「ヘルシー」を狙ったものがあまり好みじゃないというのもある。
甘いものなんて健康云々言って食べるものじゃないだろう。
そういうことを完全に無視したところに、あの恍惚感があるのだ。

・・・ああ、考え方が(も)不健康だ。


c0001660_12123612.jpg
このヒトからもご挨拶。
ぺこり。

(十分察せられると思うが、もちろん寝てるだけ。)
[PR]
# by k-n123 | 2006-09-07 12:41 | 食べ物

サプライズと近況

引越しをしたので、いまだバタバタしているのだが、
そんな折にまた素敵な贈り物が届いた。
c0001660_11164033.jpg

さくさくのクッキーと珍しいジャムを見つけたので・・・、と送ってくださった。
落ち着かない中での、ゆったりとしたひとときの幸せ。

いつも本当にありがとうございます。


c0001660_11165211.jpg
このヒトも新しいうちにまだ馴染めないのか、不安で仕方ない様子。
本人(犬)も大変だろうが、
事あるごとに吠えて吠えて、こっちの神経もささくれ立つ。

で、疲れ果て眠るの図。
[PR]
# by k-n123 | 2006-08-30 11:28 | 食べ物

灯台下暗し

あくまでこのブログは「パグさん」なはずなのだが、
飼い主の性格上、食べ物の話ばかりになっているのは如何ともしがたい。
c0001660_1174575.jpg
主役を奪われ落ち込むパグさん(いつもの通りウソ)。

レーズンサンド、レーズンサンドとうるさいこと言っているが
(別にそこまで好きでもないのに)、
子供の時には店内を飾る東郷青児の絵がどうも不気味に感じていたモンブラン(←なんだか適当な紹介サイトがないのでYAHOOグルメ)でレーズンサンドが売られていたのを発見し、なんとなく買ってみた。
c0001660_11272439.jpg

普通より大きめ、且つざっくりと厚い。
その見た目の無骨さから、ラフに口に入れたのだが、
思いがけずほろり、はらはらと溶け、なおかつ香ばしい。
正直言ってものすごく驚いた。
考えてみれば、ここのクッキー(量り売りのティーコンフェクト)っておいしくて昔から大好きだったのだ。
(これとデメルの生クッキー(店頭販売のみのもの)は軽くクッキーと呼ぶには憚れる重量感で、満足度の高いお気に入り。)
最近は自由が丘に行っても、他にたくさんパティスリーがあるので、
モンブランにはとんとご無沙汰だったのだが、
こんな身近に逸品があったなんて迂闊だった。
中のクリームは基本に忠実な感じで、まあ特にどうこう言うこともないが
(あの懐かしいデコレーションケーキの味だ)、
ラムがじっとりと染み込んだレーズンがたっぷり挟まれているのもうれしい。
でもやはりサンドしているクッキー部、ここがいい。
この部門(どの部門だ?)では一位にしたいほど。
これにハービーズの今はなき幻のレーズンサンドのクリームを挟めたらなあ、と思いを馳せる。

モンブラン発祥の店ではあっても、モンブランを買うこともなく(まあ嫌いじゃないけど)、
この日も焼き菓子系のみを購入。
c0001660_11515731.jpg
リューリッケンとかいうしっとりしたカステラのようなお菓子(そういう説明だった。まだ食べていない)。

c0001660_13422593.jpg
ダックワーズ(たぶんクリームはコーヒー味。未食)。

c0001660_13423794.jpg
黄粉猪口(チョコ)というヘーゼルナッツにホワイトチョコをコーティングしてきな粉をまぶしたもの(奥)と、
さくさく和三盆というポルボローネス系クッキー(手前)。
おいしかったんだけど、量が・・・。3粒や2つぽっちじゃ・・・。

久しぶりに行って、喫茶メニューなども覗いていたら、
なんとも懐かしくおいしそうなものが並んでいたので、
今度ゆっくりと食べに行ってみたくなった。
洗練されたスイーツも大変結構なのだが、年をとると郷愁を誘うものに惹かれるのかもしれない。
[PR]
# by k-n123 | 2006-08-08 14:13 | 食べ物